備忘録

FXをやめた話

takoyaki4423

突然の話になりますが筆者はFXをやめました。FXというとリスクが高く、大きな損失を伴う金融商品です。

はじめたきっかけは、会社に勤めているだけでは将来的にも安定しないということをどこかの記事で読んだことです。老後2000万円問題もニュースで取り上げられていましたね。そこで副業をすることを考え、たどり着いたのが短期間で大きく稼ぐことができるFXでした。

始めて1年目

最初はよく分からずに口座を開設し、少しずつ稼ぐことができていました。1万円が2万円、2万円が5万と膨らみ。最終的に10万円までになりました。この体験が筆者を調子に乗らせてしまいました。

「もっと多額の金額をかければ稼げるのでは!?」 

これが悪夢の始まりです。50万円を元本としてトレードをしましたが案の定うまくいくことは無く。結果的に20万円になってしまいました。

「どうして…最初はうまくできたのに…」最初の成功体験に取り憑かれてさらにトレード。気づいた頃にはもう遅く、結果的に5万円になったところで気づきました。45万円の損失です。ここで撤退するところですが、諦めの悪い筆者は資金を確保しトレードし続けます。

3年目でやっと…

現在、やっと負けた分を取り返し胸を撫で下ろすことができました。しかし、そこに達成感というものはありません。むしろ貴重な3年間という時間を費やしたことに狼狽し自己嫌悪を抱いていました。

「3年間何してきたんだろうか…」

お金を稼ぐということは素晴らしいと思っていたことがそうではなかったと気づく瞬間になりました。

トレードをしていて感じたことは、お金というものがお金として見られなくなってしまうことです。パソコンの画面に出ている金額が増減するのを日々眺めているだけの生活です。

ただの数字が変化しているだけとしか認識できなくなってしまうのは無理も無い話です。

色々な情報商材を見てきたなかでは、お金をただの数字として認識すると稼げると書いていることが多く、実際に稼げたのも事実です。しかし、筆者はその対価として何かを失っている気がしてなりませんでした。

「本来、お金は誰かに貢献した対価としていただくものなのでは?」

この疑問を感じた時にFXから手を引くことに決めました。自分の直感を優先しようと思ったからです。全ての口座のアカウントを閉じ、あらゆるFXの情報サイトから撤退しました。

誰かに貢献せずにお金を稼いでも幸せを感じることはできない、と理解できたのです。

現在は副収入が立たれてしまい、また0から始めることになります。ですが後悔は残っていません。

「まずは自分の好きなこと、貢献できることを優先しよう!」

このことがブログを書くきっかけになります。

Twitterからのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
いそまる
いそまる
ライフポット運営者
節約と貯蓄の方法を勉強し実践。資産1000万円を目指しています。毎月収支を公開中。
記事URLをコピーしました